バーテンダーのアルバイトの実情 バーテンダーのアルバイトの実情 バーテンダーのアルバイトの実情

ブログパーツ

現在の時間

バーテンダーのアルバイトでもきちんと履歴書を書きましょう

バーテンダーで働くなら履歴書が必要です。バーテンダーのアルバイトだからと言って、履歴書を軽はずみに考える事は社会人として恥ずかしい事です。そのために、正しい知識を持ったうえで、履歴書の作成を行う事が大事です。

まずは、履歴書に明記する日付においてですが、面接日に直接渡す場合は面接日の日付を明記し、郵送する場合はポストに投函する日付を明記します。名前においては、必ずふりがなを明記し、ふりがなの文字などがひらがなの場合ひらがなで明記し、カタカナの場合などはカタカナで明記するようにするのが基本です。

image

また、名前の横などに捺印する印鑑においては、欠ける事のないようにきれいに押す事を意識します。写真は、もちろん、スナップ写真やプリクラなどは使用しません。正面、無帽で3カ月以内に撮影した証明写真を添付しますが、その際、写真の裏面にも名前を明記しておく事で、万が一写真が剥がれた場合でも確認してもらえます。電話番号は市外局番から、住所は、都道府県からというように省略する事なく、正しく明記します。

学歴においては、卒業小学校からはじめ、中学校卒業を明記します。その場合も、省略することなく明記していくように気を付けます。その後は、高校入学、卒業を記載し、高校卒業後、大学や専門学校などに進学した場合は、最終学歴までしっかりと明記しておきましょう。また、職歴を有する場合は、学歴から一行空け、職歴と明記し、今までのアルバイトの職歴などを記入しましょう。

言うまでもなく、アルバイトの履歴書でも、志望動機や資格、自己アピールなどの欄を記入しないわけにはいかず、必ず、そのアルバイト先で働きたい志望動機などを考え記載するようにする必要があります。

その他の希望記入の欄には、初めに伝えておくべき内容を隠さず明記するようにします。例えば、曜日の希望や時間帯の希望に加えて、学校の予定があるときは、その旨も始めに伝えておく事で、気持ちよくアルバイトを始める事が可能になってきます。このように、アルバイトの履歴書だからと甘く考えたりせずに、的確に明記する事が大事になってくるのです。